中山記念 : 展開を ”さらに” 考える

-
クリックす
展開を考えるを書いたあと、気になっていた事を掘り下げてみます。


過去のレースラップを見るとかなりフラットな推移になっています。
過去5年のラップは、↓こんな感じです。
中山競馬 11R : 2/27(日) -過去のラップ

今回も似たような流れになるだろうと考えていますが、今回のメンバーの脚質構成から考えて、流れに違いが出そうな要因が気になっていたのです。
展開を考えるで書いた通り、今回のメンバーは4角の位置取りが、着順に直結しそうな馬が多いのです。
ですから、3角過ぎから4角に向かって、ポジション取りに行く動きが活発になるのではないかと言う気がするのです。

過去の平均値よりも、3角過ぎから速くなって行く可能性があるのではないかと言う事です。

実は気になって少し調べました。
まず今週末の天気。
雨の心配はなさそうですから、良馬場開催と考えて良さそうです。
このレースの過去5年では不良・重・稍重がありますから、平均値で考えると特徴が見えなくなってしまう危険があります。
そこで、過去のこの時期の中山芝1800mの良馬場でのラップを確認しました。
すると中盤がやや緩めで、後半に段々速くなっていく様な流れが多いのです。

もう一度、逃げタイプのラップを見ます。
中山競馬 11R : 2/27(日) -逃げラップ

展開予想時には、
「白井特別は1000万クラスのレースですから、これより厳しい流れになるのは当然でしょう。
となれば、この平均ラップに近い流れになると考えて良さそうです。」
としましたが、後半の流れは白井特別に近い可能性がありそうな気がしてきました。
最初の想定よりも、若干前有利の流れにシフトするのではないかと思います。

各馬の評価-1を読んで頂くと気付くかも知れませんが、私はアロマカフェがヴィクトワールピサを差せる可能性があるかが、重要なポイントになりそうだと感じていたのです。
そのせいもあって、流れを再検討したのですが、結果はヴィクトワールピサ寄りの感じです。

ん~、やはりヴィクトワールピサ最有力という事でしょうか。
しかし、データ上の4角位置では、両馬の差は僅かです。
ヴィクトワールピサが外枠に入るなどすれば、まだまだ可能性は捨て切れない気もします。

まぁ、正直に言えば、(人気になる事が解りきっている)ヴィクトワールピサ以外に◎を打つ可能性を探りたい訳です。
でも、こう言う検討はムダではないと思いますし、何よりこれが楽しいのです。d(⌒ー⌒)


関連記事

広告


クリックす
Posted byクリックす