広告


注意事項

弥生賞 : 各馬の評価-1

  02, 2011 21:52
実は上位馬に明確な差は感じていません。
ですから、ちょっと重箱の隅をつつく様な事もして、順位付けをする事になりそうです。

トラコミュ
第48回 弥生賞(GII)

データ上の上位5頭は、↓こんな馬です。
中山競馬 11R : 3/ 6(日)-上位5頭
(最上段に弥生賞過去5年の平均ラップを、比較用に表示しています。)

■オールアズワン
位置グラフは右上がりで、過去の3着内馬と似た形を持っています。
しかも4角の位置取りが前目で、そこから差す脚を使えていますから、高く評価できると思います。
直線では安定して加速してくる感じで、本来は直線の長いコースの方がベターではないかとも感じますが、札幌2歳Sでは3角から外を回って進出していますから、直線の短いコースにも対応できそうです。

同じネオユニヴァース産駒の、ヴィクトワールピサと似た印象はあります。
強いて違いを挙げれば、ヴィクトワールピサは大きく緩急がつくような流れへの対応力(瞬発力と言っても良いかも)で優れていますが、オールアズワンは一定の加速度を維持するような流れの方が向いている印象です。
まぁ、強いて挙げれば、の話ですが。

■デボネア
未勝利勝ちのレースも、前走京成杯でも、直線ではしっかり伸びています。
しかしここ3走を見ると、上がりは全て36秒台なのです。
つまり上がりの掛かるレースでないと、届かないのではないかと思うのです。
流れを考えるの中で、
「京成杯は、緩む所がなく12秒前後がズッと続く(おそらくタフな)流れで、・・・(中略)・・・キレはなくてもスタミナがあって、ワンペースでバテずに走り切る様なタイプに向いているのではないか」 と書きました。
まさにそんな感じなのでしょうか。
少なくとも今回想定している流れには、合わないと思います。

■サダムパテック
ここ2走を見るとスタートでちょっと出遅れる感じで、位置取りを悪くする心配が付きまといます。
東京スポーツ杯2歳Sの走りを見ると、長い直線向きの様に思えて、中山だと脚を余す危険を感じます。
スタートで後手を踏む点からも、外を回して来るような競馬になると思いますが、それでは中山で勝ち切れるイメージになりません。
中山では先行して直線で馬群を抜けて来るような、器用さと瞬発力が必要だと思うのです。
中山記念でのヴィクトワールピサぐらい他馬との力差があれば別ですが、力が接近していると考えるなら、信頼感のあるレースぶりとは言えないと思うのです。
能力はかなり高いと評価していますが、ここではない (東京・・・つまりダービー向き?の) ような気がします。

■ウインバリアシオン
ラジオNIKKEI杯では、直線で一旦先頭に立ちながらも、オールアズワンなど3頭に差されています。
きさらぎ賞でも、末脚は上位馬に少し見劣ります。
その意味で直線が短くなるのは、プラス方向かも知れませんが、勝ち切る破壊力には乏しい気がします。

■ベルシャザール
ここ3戦は4角に向かって速くなる流れで、今回想定している流れに近いものです。
勝ちきれているのはホープフルSだけですが、共同通信杯では2着ユニバーサルバンクと上がり時計は同じですから、最後までしっかり走っていたと思います。
ただこのレースでは最後に後続が迫って来ましたから、見た目の印象では直線が短くなる中山の方が良さそうです。
すごく切れると言う感じではないだけに、安定して先行できている点はプラスで、この事も中山への対応としては安心材料です。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ 『弥生賞 : 分析データ』 はこちら
『弥生賞 : 過去の傾向』 はこちら
『弥生賞 : 流れを考える』 はこちら
『弥生賞 : 各馬の評価-1』 はこちら
『弥生賞 : 各馬の評価-2』 はこちら
『弥生賞 : 各馬の評価-3』 はこちら
『弥生賞 : 予想』 はこちら
『弥生賞 : 結果検証』 はこちら


【ぐるなび食市場】 の とろなまドーナツ通販



関連記事


広告



♪ 読んでいただいて、ありがとうございます。
ポチポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


0 Comments

Post a comment

3 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  弥生賞 2011 展望
  • トラコミュ第6回 オーシャンステークス(GIII)第18回 チューリップ賞(GIII)第48回 弥生賞(GII) トラコミュ トラコミュ ≪レーティング≫ 1位 サダムパテック   110(朝日杯FS4着) 2位 オ...
  • 2011.03.02 (Wed) 19:02 | ゆたぽんの日々是競馬
この記事へのトラックバック
  •  2011 弥生賞 データ解析
  • 数々の名馬を輩出した王座への登竜門!「第48回 報知杯弥生賞(皐月賞トライアル)」 *過去10年が対象 弥生賞 データ分析 チューリップ賞 データ分析 オーシャンステークス データ分析 ...
  • 2011.03.02 (Wed) 23:55 | 利酒師が競馬も予想
この記事へのトラックバック
  •  中山芝2000mの傾向(2011弥生賞)、この父の産駒は厳しい…
  • [AD]競馬で必ず勝てる無料情報はここから入手可能です。 中山芝2000mの傾向 さて、今日は弥生賞に向けて、中山芝2000mの傾向を 見ていきましょう! ■中山芝2000mの傾向■ データは2006年 ...
  • 2011.03.03 (Thu) 09:41 | 激走!データ競馬ブログ