AD


天皇賞(春) : 各馬の評価

  28, 2010 17:07
『天皇賞(春) : 過去の傾向を考える』 で挙げた、選択したい馬のポイントは下記の通りです。
・4コーナーでは中段より前目の位置
・東京京都のグラフが優秀(昨年以外は全馬京都で連対実績がある)
・グラフが右上り(上り脚がしっかりしている)
・クラス実績評価が上位


『天皇賞(春) : 枠順確定版データ』 はこちらをご覧ください。
『天皇賞(春) : 過去の傾向を考える』 はこちらをご覧ください。
『天皇賞(春) : 展開を考える』 はこちら をご覧ください。
『天皇賞(春) : 展開を考える-追加』 はこちら をご覧ください。
『天皇賞(春) : 各馬の評価(追加あり)』 はこちら をご覧ください。
『天皇賞(春) : 予想』 はこちら をご覧ください。


●グラフやデータから、該当しそうな馬をピックアップすると、

■フォゲッタブル
ダイヤモンドSの直線での伸びは素晴らしく、順当なら最有力と言える存在でしょう。
長距離実績、京都実績、グラフの形、どれを取っても上位の物で、総合評価トップです。
今回少し間隔が開きましたが、使い詰めだった事を考えればむしろ良いかもしれません。

■ベルウッドローツェ
ダイヤモンドS2着。最後はフォゲッタブルには差されますが、逃げていたドリームフライトを差して2着に上がっていますから、自身も脚を使っています。
ただしこの時は斤量52kgで、56kgとなった前走阪神大賞典では直線伸びを欠いて10着と敗れています。
この敗因が斤量増かは解りませんが、今回はさらに2kg増えて58kgとなります。
能力はあると思いますし、先行できる強みもありますが、さすがにちょっと心配です。

■メインストリーム
ダイヤモンドS4着。直線ではフォゲッタブルと同じような脚色で伸びてきます。上り時計も同じですから、優秀です。
4コーナーの位置取りが安定しないのが不安ですが、逆にどこからでも伸びてきていると言えます。
前走阪神では直線でもたつきますが、グラフ/実績ともに東京京都の方が向く事を表していて、京都替わりはプラスと見ます。

■ナムラクレセント
アンドロメダSでは内から差して勝っています。
日経賞では道中行きたがる感じで折り合いを欠き、直線では狭くなって追えない場面もあったように見えます。
8着ですが0.4秒差ですし、着順ほど悪い内容ではないと思います。
スピードがある上に瞬発力も感じさせる馬で、かなりの能力があるように思います。
厳しい流れでこそ持ち味が活きるかもしれません。

■ジャガーメイル
常に差のない競馬をしていますし、上りも優秀ですがオープンでは勝ちが無いのも事実です。
昨年5着0.4秒差ですから、今年も期待がかかります。
どちらかと言うと瞬発力型で、上り勝負に向いている様な気がします
私がこのレースでイメージしているタイプとはちょっと違うのですが、今年のメンバーなら明らかに末脚上位の評価です。

■ジャミール
阪神大賞典では大外から前へ詰め、最後は坂を上りながら馬群を抜けだして2着、いい内容だと思います。
上り時計差がメンバー中トップと優秀ですが、グラフの形は直線だけで順位を上げるタイプで、このレースのイメージとは一致しません
成績や勢いからは魅力的ですが、思い切って切りたい位です。

■メイショウベルーガ
グラフの形は、3コーナー辺りから位置を上げる理想的なものです。
日経新春杯のレース振りが、私がイメージする今回のレースに近いものです。
オープンに上がってからのレース振りが、安定しているのも好印象です。

■マイネルキッツ
昨年の勝ち馬であり、前走日経賞を勝利してここに臨みます。
2走とも内を抜けての勝利で、瞬発力がある走りです。
長く脚を使うタイプでなく、瞬発力タイプだからこそ内からサッと抜けて行きたいのだと思います。
今年も同じように行くかは解りません。

■トウカイトリック
阪神大賞典の勝ち馬。8歳ですが衰える感じはありません。
3コーナーから長く脚を使いながら、さらに最後は狭い所を割って一伸びする素晴らしい内容です。
ダイヤモンドSは5着ですが、直線では内に入ってなかなか追えず、最後も前が詰まっての物です。
それでフォゲッタブルと0.4秒差、スムーズならフォゲッタブルと勝ち負けを演じていたかも知れない内容です。
今年に入っての3戦はどれも能力の高さを示すものです。

●条件からピックアップした馬の評価は、こんな感じです。
なんとなく私の予想は固まりつつありますが、もう少し考えてみます。


関連記事


AD





♪ 読んでいただいて、ありがとうございます。
ポチポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


0 Comments

Post a comment

最新記事一覧(サムネイル画像付き)