日本ダービー : 結果検証

オルフェーヴルは強かったし、ウインバリアシオンも素晴らしい伸びでした。


◆結果
1着(1番人気) : オルフェーヴル ⇒
2着(10番人気) : ウインバリアシオン ⇒
3着(8番人気) : ベルシャザール ⇒

青嵐賞の結果検証から、
『 道悪で差し追い込みは届かないと考えていましたが、結果を見るとそうではないようです。
あるいは内が伸びないと考えられます。
先行して内を走る馬より、馬場の真ん中を走って来る馬が伸びて来るようです。』

と書きましたが、そこで挙げたオルフェーヴルとウインバリアシオンが、1・2着に入りました。
やはり直前の状態からの微調整は有効でした。

ラップを見ると、後半が段々速くなるタイプで、後ろからは差し届きにくい流れでが、これを差して来て、更に3着馬を1秒以上離した1・2着の2頭は、本当に優秀だと思います。
この2頭だけが、上がり3Fを34秒台と、抜けた末脚を見せています。
上がり時計3位が、4着ナカヤマナイトの36.4秒ですから、次元の違う末脚と言えます。

馬場は悪かったけれど、レース内容は素晴らしい物だったと思います。


◆3着内馬のデータ、ラスト3Fからの流れ、ラップをまとめておきます。
東京競馬 11R : 5/29(日) - 結果
データの見方はこちらを確認してください。
関連記事