広告


NHKマイルカップ : 各馬の評価

  06, 2010 21:42
NHKマイルカップの出走馬が発表されましたから、私なりの評価をしてみたいと思います。

『NHKマイルカップ : 枠順確定版データ』 はこちら をご覧ください。
『NHKマイルカップ : 過去5年を振り返る』 はこちら をご覧ください。
『NHKマイルカップ : 予想』 はこちら をご覧ください。


●評価は私の分析データを基に行います。

〓クラス実績上位〓
■ダノンシャンティ
共同通信杯と見ると東京コースは良さそうですが、マイル的なキレがある訳ではなさそうで、距離短縮がプラスかは疑問です。

■サンライズプリンス
前走中山NZTで1着。大きなストライドですから、本来は急坂のある中山向きではないと思います。
東京替わりはプラスではないでしょうか。

■パドトロワ
2走前1200mを勝ったレースを見ると、スピードで押し切る短距離にこそ適正がある様に見えます。
1200mなら買いたい馬です。(レース振りからはダートの方がさらに良さそうな気がします。)

■リルダヴァル
毎日杯ではダノンシャンティの0.3秒差3着。
5ヶ月振りだった事を考えれば大きな差ではないかも知れません。

■エイシンアポロン
皐月賞は直線半ばで急に失速、坂なのか距離なのかわかりません。
基本的には先行抜け出しのうまい競馬で、大崩れは考えにくいタイプでしょうか。

■シゲルモトナリ
成績から1600mは少し長い様に感じます。
グラフもバラつきが大きく狙いにくいと考えます。

■ダイワバーバリアン
前走中山NZTでサンライズプリンスの0.3秒差2着。
弥生賞(2000m)では、一旦先頭ながら末が甘く(というか失速ぎみ)で4着ですから、1600mに戻るのは歓迎でしょう。

〓上記以外の距離実績上位〓

■ガルボ
朝日フューチュリテでは、2着エイシンアポロン、3着ダイワバーバリアンについで4着(3着とは0.1秒差)です。
最後の脚色は3着ダイワバーバリアンより、少し良かったようにも見えます。

〓先行馬〓
■エーシンダックマン
デビュー以来全レースでハナを切っています。
前走1400mでも逃げ切っています。2着馬に1/2馬身に迫られてからが渋太く、いい内容だと思います。
今回さらに1ハロン延長は厳しそうです。

■コスモセンサー
アーリントンカップでは逃げ切って勝ちます。
3コーナー過ぎには後続に並ばれそうになりますが、粘って直線では再度突き放します。
最後は後続に詰め寄られ、余裕はなかったようです。
ニュージーランドTでは、サンライズプリンスなど上位馬に完敗で力差は明白です。

〓上り時計差上位馬〓
■トシギャングスター
芝では勝ちがなく、ここでは買えません。

■サウンドバリアー
近4走を見ると上りは34秒台で、どんなレースでも自分の末脚は出しているのではないでしょうか。
後は相手関係と展開なのでしょう。
ここではちょっと狙いにくいと思います。

■キョウエイアシュラ
これまでの対戦成績(他馬との比較)から、上位馬とは差があると思います。

〓その他〓
■レト
ニュージーランドTでは3着に好走しています。
サンライズプリンスとは0.4秒差ですからちょっと差を感じますが、ダイワバーバリアンとは0.1秒差です。
ただダイワバーバリアンと脚の運びを比較すると、少しピッチが早く見える事から、距離は1600mより短い方が良いように思います。
グラフも坂のあるコースの方が良く、この走法と合致する結果だと思います。
東京では上記2頭との差は、広がる方向ではないでしょうか。

■キングレオポルド
いちょうSでは一旦抜け出したかに見えますが、末が甘くキレのあるタイプに差されます。
ベゴニア賞では、前が詰まって追い出しが遅れたのが幸いしたのかもしれません。
長く脚が使える感じではない様に見えます。

■ニシノメイゲツ
近走は5着6着など、上位馬とは差がついているようです。

■エーシンホワイティ
勝ちは全て1200mで、1600mでは最高7着です。

■モンテフジサン
1600m1800mを使われていましたが、前走中山1200mで内を抜ける見事な瞬発力を見せて勝利します。
短距離の差し馬でしょうか。

●予想は後ほど ⇒ 追加しました。下記からどうぞ。

『NHKマイルカップ : 予想』 はこちら をご覧ください。


関連記事


広告



♪ 読んでいただいて、ありがとうございます。
ポチポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


0 Comments

Post a comment