シンザン記念 (2012) : 各馬の評価

-
クリックす
レース映像やラップ推移から、簡単にですが各馬の印象をまとめておきます。

京都競馬 11R : 1/ 8(日) -各馬の評価
データの見方はこちらを確認してください。


■シゲルアセロラ
逃げるのは、この馬でしょうか。
スタートが巧く、ハナを取った後は押えも利いていて、一本調子の短距離馬と言う感じではありません。
ですから、距離も持ちそうな気がします。
1400m戦では、直線入り口で突き放す加速も出来ていて、巧く逃げれば結構やれそうな感じですが。

■レオンビスティー
直線で抜け出してくる脚は悪くない印象で、距離が持つかは正直分かりませんが、直線勝負向きの感じがします。

■マイネルアトラクト
ちょっと末脚が物足りない感じで、上がりが掛からないと厳しそう。

■プレミアムブルー
差せる感じはありませんが、先行できればしぶとそうな感じです。

■ジェンティルドンナ
結構瞬発力があり、直線で集団から抜け出して来る脚は、なかなか速いと思います。
未勝利を勝ったばかりですが、能力は高いと思いますし、何より瞬発力があるのは混戦で勝ちきる武器になります。

■オリービン
流れに関係なく、常に差して来る末脚はりっぱ。
先行力もありますから、大崩れはないタイプで、馬券からは外せない感じです。

■トウケイヘイロー
朝日FSの時は最後に差されていて、ちょっと距離が長いのかもと感じたのですが、3角から早めに動いていた事を考えれば強い内容だったと再評価しています。
後藤騎手が乗ったここ2走は、先行出来ている点も安心感がありますし、有力な一頭だと思います。

■サンシャイン
抜け出してくる時の反応がよく、悪くない印象です。
ただ、いい脚一瞬かも知れない不安もありますが。

■グラーネ
長く脚を使っていて好印象ですが、あまりにも位置取りが後方過ぎるのが難点。
嵌れば一発の魅力は感じますが、狙いやすいとは言えません。



関連記事

広告


クリックす
Posted byクリックす