AJCC (2012) : 過去の3着内馬の特徴

-
クリックす
データ上から、過去の3着内馬の特徴を探ります。



中山競馬 11R : 1/22(日) -過去の3着内馬
データの見方はこちらを確認してください。


データは上から順に、2011年の1着・2着・3着、2010年の1着・2着・3着・・・の並びです。

比較的評価上位の馬が多いようですが、最大の特徴は前目の馬が多い事でしょうか。
このレースで先行したかは別として、前目から粘りこむようなタイプが目に付きます。

折れ線グラフの形状も、綺麗な右上りよりも横線に近い馬が多く、差す脚も必要ですが粘りこむスタミナや持続力が要求されている感じです。
これは過去の傾向の記事で見た様に、ラスト1Fの時計が掛かるため、ここをバテずに走り切れる事が重要だからだと思います。


ここで同じ中山芝2200mのオールカマーのラップと比較してみます。(近5年の平均)
中山競馬 11R : 1/22(日) -ラップ比較


AJCCの方が前半から若干時計が掛かっていますが、特に7F目辺りから差が出て、最後の1Fも大きな差が出来ています。
ラスト5Fでは、オールカマーが58.7秒に対し AJCCが59.8秒と、1.1秒も遅いのです。
もちろん開催時期が違いますし、メンバーも違いますが、傾向としてはオールカマーと比較しても、いかに時計が掛かるタフな流れであるかが分かると思います。
最後は差し脚勝負ではなく、我慢比べなのでしょう。


関連記事

広告


クリックす
Posted byクリックす