AJCC (2012) : 展開を考える

-
クリックす
枠番も決まりましたから、展開を考えてみます。


◆4角からゴールまでの流れ
中山競馬 11R : 1/22(日) -4角位置
データの見方はこちらを確認してください。


近5走の平均位置取りで、最も前なのはミステリアスライトですが、2走前に宮崎騎手でハナを切っているリッツィースターの方がハナの可能性は高そうです。
ただし、決して逃げ馬と言う訳ではありません。
もしかすると、久しぶりの芝になるツクバホクトオーが行く事も考えられます。
ダートの短距離を走っていた事もあるのですから、行く気ならスピードは十分です。

上のグラフの青矢印が右いっぱいの馬がいないのは、4角で前目にいたことがある馬が少ないと言うことで、スタート後に積極的にポジションを取りに行くような流れにはならないだろうと思います。

過去5年でも明確な逃げ馬がいない年はありましたが、不思議なことに前3Fのタイムはだいたい36秒台半ばで大きなバラつきはありません。
逃げ馬がいなくても、前半スローで後半偏重のレースになるとは言えないようですから、平均ぐらいを想定しておけば良さそうです。

4角位置取りデータを、枠順にして見ます。
中山競馬 11R : 1/22(日) -4角位置 枠順


前に行きそうな、リッツィースター・ツクバホクトオー・ミステリアスライトは外目の枠で、人気になりそうなルーラーシップ・ナカヤマナイトが内目に入りました。
外から先行馬が出て行く形になりそうですが、頭数が多くはないので、あまり問題ではないでしょう。


飛ばして行く馬がいなくて、頭数も手頃となれば、好位から差せる馬が有利。
上のデータからもルーラーシップは、楽そうな気がしますね・・・。

波乱があるとしたら、ツクバホクトオーが後続を離して逃げて、ペースをかく乱した時でしょうか。
まぁ、可能性は少ないと思いますが・・・。
堅そうなレースですねぇ。


関連記事

広告


クリックす
Posted byクリックす