広告


桜花賞 (2012) : 過去の傾向

  02, 2012 17:31
過去の5年のラップ推移から、流れの傾向を考えます。


トラコミュ
第72回 桜花賞(GI)
第30回 ニュージーランドトロフィー(GII)
第55回 阪神牝馬ステークス(GII)


◆過去のラップを2008年と、2010年・2009年・2007年の平均値の2パターンで確認します。
桜花賞 (2012) : 過去のラップ


このレースのラップ推移を見ると、2つのパターンがあります。
一般的なのは、2010年・2009年・2007年の平均値型で濃い青線です。
そしてもうひとつが、3連単が700万円馬券と大荒れになった2008年型で赤線です。

2008年は短距離で実績のあった馬が逃げて、前半が速く上がりが掛かる流れを作りだして、短距離的なスピードを持続できる馬が上位に入ったと考えています。
この辺りは昨年の検討時に、「桜花賞 : 2008年は、なぜ700万円馬券になったのか」 と言う記事で私の考えを書いていますから、興味のある方は読んでみてください。

ちなみに2011年は、前半は短距離的な流れに近かったのですが、後半は先行馬が早々に崩れてしまって・・・つまりスピードはあったけど、持続力がなかったために、ちょうど中間のような流れになりました。

2008年の様に、短距離でハナを切って、しかも1600mも走れる逃げ馬が居れば、短距離的なスピードとその持続力が要求されるレースになりますし、そうでなければ中盤が緩んでラスト3Fほどの末脚 (瞬発力) 勝負になると言うのが私の考えです。

この様に流れの想定の差で、狙うべき馬も大きく変わると思っています。


Pin01 私のデータがお役に立てば幸いです。
 ランキングに、ご協力をお願いします。
 点滅矢印  にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ【桜花賞 関連記事一覧】
『分析データ』 はこちら
『過去の傾向』 はこちら
『過去の3着内馬の特徴』 はこちら
『ザックリと展開を想定してみる』 はこちら
『過去の対戦比較』 はこちら
『参考レースの桜花賞との連動性を考える-1』 はこちら
『参考レースの桜花賞との連動性を考える-2』 はこちら
『参考レースの桜花賞との連動性を考える-3』 はこちら
『各馬の評価-1』 はこちら
『各馬の評価-2』 はこちら
『各馬の評価-3』 はこちら
『予想』 はこちら
『結果検証』 はこちら
トラコミュ 桜花賞 データ分析


トラコミュ
桜花賞 データ分析
ニュージーランドT データ分析
阪神牝馬S データ分析



無料競馬予想サイト☆『ウマセン』
・勝てる理由は 「ウマセン指数」 に!
独自のスピード指数を基準とした実力上位馬を選出!!
・「本命予想」 と 「穴予想」 を公開!
本命予想は、平均的中率25% (4回に1回は3連単的中の興奮が!)
穴予想は、平均払戻額17万5500円!!(回収率167%)
先月の主な的中は、
武庫川ステークス : 3連単 255,550円的中!
但馬ステークス : 3連単 167,810円的中!
フローラルウォーク賞 : 3連単 145,040円的中!
名古屋城ステークス : 3連単 137,070円的中!
淡路特別 : 3連単 114,090円的中!
↓↓ こちらから、どうぞ ↓↓


関連記事


広告



♪ 読んでいただいて、ありがとうございます。
ポチポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


0 Comments

Post a comment

4 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  【傾向分析】第72回桜花賞(G1)
  • いよいよやってまいりました、桜の季節。 阪神競馬場の桜は咲くことができたのでしょうか? こちらは北海道なので、今頃開花と言われても全くピンとこないですけどね。 では、過去 ...
  • 2012.04.02 (Mon) 22:18 | コンビネーション馬券予想
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック