「データ上の上位評価馬」 について

このブログでは、パッと見て位置取りや末脚が分かる様なグラフを掲載していますが、これは私が独自に開発したもので、実は WindowsXP + Excel 2000 + VBA (プログラム) で動いているのです。

しかし、この環境はすでにサポート切れで、今後も使用し続けるのは難しい状態です。
私は現在は Windows8.1 を使っていますし、Excel も2013を購入したのですが、残念ながら今まで使っていたものが、そのままでは上手く機能しませんでした。
そして、この年で今更プログラムを書き直す気力は、・・・ない。

つまり、分析データなどの掲載を続けるのは、そろそろ限界だなぁ~、と思っているわけです。

一方でアクセス記録を見ると、アクセスが多いのはやっぱり予想記事で、分析データはその半分程度です。
求められているのは、最終的には予想ですよね。
それも、分かります。

また、7月21日は、「船橋競馬のデータ上の上位評価馬」 を掲載していますが、これは以前に中央競馬で掲載したことがあるコンテンツです。
例えば、→ 「6月29日のデータ上の上位評価馬

この記事も結構アクセスが多かったし、簡単ですが実用的なものです。
6月29日の記事を見てもらえばわかりますが、穴馬を捕まえるヒントにもなって、私は重宝しています。
しかも、これなら特別レース以外のレースも、掲載できる可能性が高い。

と言う事で、今までのグラフ付きの分析データは重賞中心とし、なるべく多くのレースで 「データ上の上位評価馬」 を掲載する形にシフトして行きたいと思います。
まぁ、やれる範囲で、なるべく役に立つものを掲載して行きたいと思っていますから、今後ともよろしくお願いします。

関連記事

コメント

コメント(2)
グラフがメインレースのみになることについて
今年の4月頃から当ブログ拝見させていただいております。
ブログ主様、毎週データー掲載作業等大変な作業ご苦労様です。
今後、メインレース以外データーの掲載がなくなるとの事、とても残念です。
 私も競馬歴は長いのですが年齢を重ねる度に、初心の頃の情熱が薄れつつあります、近年になってWIN5が発売され、ネットの競馬ブログを色々あたり、当ブログは必ず更新が行われ、しかもWIN5に該当する準メインレースを視覚的に客観的に見ることが出来、予想の活力をいただいております。
 特にデーターの4角からの位置取り 枠順確定前では、私的に競馬新聞より簡略なため、矢印で示されたグラフが視覚的に簡単に先行勢が揃ったレース、中段から差し馬が活躍しそうな展開では?と判断出来て意外な穴馬を発見する事があります。
 先日テレ朝で放送していたキムタク主演の宮本武蔵の中で、柳生石舟斉のセリフ 聞こえぬ音を聴け だっけ? 何かそれと通じる物がこのグラフに宿っているように感じます。
 視覚的情報は文字情報とは違うアプローチで無意識に予想の要となる事もあるのだなと感じました。 
 今後も、ご負担が大変と思いますがメインレースのデーター記載よろしくお願いします。

よっしー

2014/07/21 22:49 URL 編集返信
Re: グラフがメインレースのみになることについて
よっしー さん、こんにちは。

データがお役に立っているようで、うれしい限りです。
パッと見で分かるデータっていいでしょ?

そうですね、重賞以外でもWIN5対象レースに関しては、「4角からゴールまでの流れ」 は出来るだけ掲載できるように頑張りましょう。
しかし、約束はできません。
その点は、ご了承ください。

クリックす

2014/07/21 23:07 URL 編集返信
コメント投稿