AD


最新記事一覧(サムネイル画像付き)

カペラS (2014) : 過去の3着内馬の特徴

  13, 2014 17:02
過去の3着内馬のデータから、その特徴を考えます。


トラコミュ
阪神JF データ分析
カペラS データ分析
チャレンジカップ(G3) データ分析
攻略!WIN5


Pin01私のデータがお役に立てば幸いです
ランキングに御協力をお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ 


データの見方はこちらを確認してください。


◆過去5年の3着内馬15頭の、その時点でのデータを確認します。
20141214Nakayama11R-KakoTop3.gif
データの見方はこちらを確認してください。
競馬ブログ データ理論に参加しています。

データは上から順に、昨年の1着・2着・3着、一昨年の1着・2着・3着・・・の並びです。
騎手名の左は単勝人気、斤量の左は着順です。


2012年のように後方に位置するような馬も居ますが、基本的には好位差しの感じでしょうか。

全体的に1400mもこなす馬が多いようで、特に先行タイプで残ったのは1400mベストみたいな馬ですね。
(このレースで先行したとは限りませんが・・・)

ただ、これだけでは傾向が分かりにくいので、上がり時計と順位の関係も確認しました。
20141214Nakayama11R-KakoAgari.gif
データの見方はこちらを確認してください。
競馬ブログ データ理論に参加しています。


このグラフは、ラスト3F地点の位置取りと着差を表す 「上がり3F推移グラフ」 です。
このブログでは結果分析に良く使っていますが、ここではこのグラフを上がり3Fタイムの速い順に並べてみました。

上位馬は上り3Fのタイムが、速い馬だという事が分かります。

2010年だけは、それほどでもありませんが、この年の上がり上位馬は全て、ラスト3F地点で位置取りが後ろ過ぎて届いていないものでした。

これを見ると、前半の速い流れでもラストまで脚が上がらない馬が上位に来る感じが分かりますから、やはり1200mベストの馬よりも、1400mに対応できる力が必要だと考えられます。


Pin01私のデータがお役に立てば幸いです
ランキングに御協力をお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ 



トラコミュ
中央競馬 追い切り情報
今週の危険な人気馬
今週の重賞レース(本命馬・穴馬)
今週の重賞・メインレースの予想
今週の激走!穴馬

 
関連記事


AD





♪ 読んでいただいて、ありがとうございます。
ポチポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


0 Comments

Post a comment