東京新聞杯 (2015) : 過去の3着内馬の分析データ

トラコミュ
東京新聞杯 データ分析
きさらぎ賞 データ分析
攻略!WIN5



Pin01私のデータがお役に立てば幸いです
ランキングに御協力をお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ 



★このレースの狙いはこちらに書きました。 ⇒ 人気ブログランキングへ
(30位前後です。)


20150208Tokyo11R-KakoTop3.gif


堅く納まった年とチョイ荒れの年があって、これはなかなか難しいレースです。
基本的には先行差しタイプが中心と言えそうで、意識的に穴狙いをするのでなければ、狙いは絞れそうです。
また、該当距離評価上位も多いですね。

人気薄だった馬は、どちらかと言うと先行粘りこみタイプが多いようで、狙うならキレはないけどスタミナがありそうな先行馬でしょうか。


2012年の検討時に、↓こんなことを書いています。

============

実は過去の3着内馬の好走時のラップ形状を見ると、ちょっと特徴がありそうです。
東京競馬 11R : 2/ 5(日) -過去の3着内馬ラップ

これはどちらも1600m戦のラップですが、Aは前半が速く段々ラップが落ちて行く、私がV字型と呼んでいる形です。
最初から飛ばして行ってスピードで押し切るような流れで、短距離戦の典型的なものです。
上がりの掛かる深いV字型になるほど、前の馬の脚が鈍った訳ですから、スピードの持続力がある馬が、差し追い込みで届く可能性が高まると考えています。

逆に浅いV字型 (ワンペースに近い形) では、全体的には流れ込むようなレースになりがちですが、抑揚のない流れで馬群がダンゴになっていると、少しの末脚の差が結果を分ける事になると思っています。

Bは中盤が緩んで後半に掛けて速くなって行く形で、加速の開始が後ろになるほど瞬発力を要求されますが、加速の開始が早いとロングスパートになってスタミナを要求されると考えています。
ただし段々速くなりますから、前が止まっていない訳で、後方からでは届きにくく、直線入り口の位置取りで見れば先行・好位からの差しが中心だと思っています。

前置きが長くなりましたが、どうもAで好走歴がある馬が目に付くのです。
明確な傾向があるとは言えません。
なんとなく、そんな感じ・・・、ぐらいですが。
東京の長い直線を走りきるには持続力が必要で、瞬発力だけでは不十分と言う事を示唆しているのかも知れません。

ちょっとそんな事もアタマに入れておきたいと思います。

============


Pin01私のデータがお役に立てば幸いです
ランキングに御協力をお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ 



トラコミュ
中央競馬 追い切り情報
今週の危険な人気馬
今週の重賞レース(本命馬・穴馬)
今週の重賞・メインレースの予想
今週の激走!穴馬

関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿