共同通信杯 (2015) : 過去の3着内馬の分析データ

-
クリックす

20150215Tokyo11R-KakoTop3.gif


データ上は上位評価の馬が多く、しかも上りが優秀な馬が中心と言えます。
また、位置推移グラフの形は、右上がりの差し・追い込みタイプが主流で、わずかに逃げ・先行タイプがいる状態です。

中盤が緩んでラスト3Fで一気に速くなる流れですから、データで上り時計が優秀な馬が上位に来ている事と合致します。
差し・追い込みタイプが主流とは言っても、途中がかなり緩いので、なるべく前にいる方が良さそうで、少頭数で馬群が前後に詰まった展開にならない限り、大外一気の様な決着は難しい感じです。

どうやら狙いは、はっきりしていて、ラスト3Fを一気の脚で差しきれる馬、と言う事になりそうです。
データ上の評価としては、比較的上位の馬が順当に3着以内に入っているので、素直に考えていいでしょう。




関連記事

広告


クリックす
Posted byクリックす