共同通信杯 : 上位馬の評価-1

-
クリックす
前記事で有力馬として挙げた馬を、もう少し詳しく見てみます。


■ダノンバラード
東京競馬 11R : 2/13(日) -ダノンバラード

ラジオNIKKEI杯は、後方から追い込んで1着。
段々速くなる先行有利の流れを追い込んで来ている点は評価できますが、この流れにしては先行組がもうひとつだった感があります。
ラップを見るとラストの2F目と3F目が11.8秒で、中盤がかなり緩かった割にはここでの加速が物足りません。
つまり先行馬が後続を突き放せなかった(突き放す力がなかった)感じがします。
更にラスト3F地点でのこの馬と先頭との差は、1.0秒しかありませんから、印象ほど強力な差し脚とは言えない気がします。
実際、その前の京都2歳Sも段々速くなる流れですが、逃げたプレイを捕まえられていません。
この時はラスト3F地点で、2頭の差は0.3秒しかなかったにもかかわらず・・・です。
能力が高い事は間違いありませんが、人気(オッズ)に見合うかは微妙だと思っています。

■ナカヤマナイト
東京競馬 11R : 2/13(日) -ナカヤマナイト

ホープフルSは途中が緩く、実質ラスト3Fだけの瞬発力勝負になったと思います。
過去の傾向から、今回も似たような流れになりそうだと考えていますから、流れは合いそうな気がします。
ただ、百日草特別を見ると、もうワンパンチ欲しい感じはします。
この2走で負けている相手(ベルシャザール・ディープサウンド)と比較すると、位置取りで差が着いている感じで、末脚は互角と見て良さそうです。

■ベルシャザール
ホープフルSでは、ナカヤマナイトとの叩き合いを制しての1着。
3着以下を引き離していますし、2番手からの危なげない競馬ですから、評価できるものです。
しかし萩Sでの伸びは物足りない気がします。
東京競馬 11R : 2/13(日) -ベルシャザール

■プレイ
京成杯は、ほぼワンペースで走り切るような流れで、ここでの先行粘り込みは評価できると思います。
ホープフルSは実質ラスト3Fだけの瞬発力勝負で、5着に敗れていますが、これは逃げ馬にはしょうがない結果だと思います。
(厳しい言い方をすれば、ハナに行って自らペースを握っているのに、瞬発力勝負にしてしまった事が敗因とも言えますが・・・。)
今回は直線勝負に近い流れ(ホープフルSに近い流れ)になるだろうと考えていますから、ハナを切ると厳しいと思いますし、かと言って差す脚がある訳でもない様ですから、勝ち負けになるイメージが浮かびません。
東京競馬 11R : 2/13(日) -プレイ

■ディープサウンド
ホープフルSの敗因は、調教師曰く 「気持ちの面」 だそうですが、だとしたら今回は大丈夫と言える根拠もない訳で・・・、困ったモンです。
先週のトーセンラーの例もありますから、能力だけを考えましょう。

百日草特別ではナカヤマナイトに0.4秒差を着けていますが、上がり3Fは同じ34.0秒。
つまり位置取りの差だけですが、どちらもまだまだ余裕があった様に見えます。
東京競馬 11R : 2/13(日) -ディープサウンド


ここまで見てきて感じるのは、どの馬も能力を安定して出せていない(レース毎に差がある様に感じる)と言う事です。
まだ若い馬ですから、当たり前かも知れませんが、予想としては難しいと思います。
安定度の高い馬を選ぶか、最大値の高そうな馬を選ぶか・・・。

続きます。

関連記事

広告


クリックす
Posted byクリックす